受水槽容量算定

受水槽とは、コンクリート(RC)、金属(ステンレスもしくは鋼製)、樹脂(FRP等)で製造されている水道水を貯水するタンクの事をいいます。

 

点検用マンホール、ボールタップ、オーバーフロー管、通気口、水抜き管などから構成されています。設置場所については基本、地階、地上に設置しますが稀に、給水区域の水圧により異なりますが2階、3階へ設置する場合もあります。

 

設置する上で気をつけなければいけないのが、死水です。
基本的に死水を防止する方法として、給水管とポンプサクション管は対角線上になるように設置します。
また、維持管理する上で断水させずに清掃が出来るように受水槽内に隔壁を設けて2槽式として、連通管にて水位を均一に保つ方法が望ましいと考えられます。

 

なお、注意しないといけないのが受水槽以降の給水をポンプにて圧送するので停電時、もしくは故障時に給水できなくなる恐れがあります。

 

 

 

受水槽容量算定エントリー